食費の節約

献立の立て方

朝食はメニューを決めているし、自分の昼食は残り物と決めているので、献立を考えるのは一汁三菜が基本の夕食のみです。主菜は肉か魚か卵・大豆製品を交互に、副菜は野菜、海藻類、乾物を使って2〜3品。調理法(蒸す、焼く、煮る、炒める、和えるなど)・味付けをそれぞれ変えます。夕食の献立のせてます→●1ヶ月3万円節約料理

例えば主菜が鶏の唐揚げ(揚げ物・塩味)とすると 副菜は南瓜(煮物・醤油味)、いんげんの胡麻和え(茹で・胡麻味)、胡瓜とワカメの酢の物(生・酢味) きのこの味噌汁(味噌味)、、、といった具合です。芋づる式の連想法だと、あまり悩まなくてすみます。

定番朝食メニュー

和食の場合

●ご飯 ●味噌汁 ●あれば海苔(主に貰い物) ●自家製ふりかけ ●納豆 ●自家製ぬか漬け ●野菜 (おひたしorサラダor野菜炒め) ●蛋白質(卵料理等)●お茶

洋食の場合

●パン(自家製パンorマフィン・ ホットケーキor市販のパン) ●マーガリン・ジャム等 ●野菜(サラダor野菜炒め) ●あれば果物 ●蛋白質(卵料理等) ●ヨーグルト(家で増やす) ●(前日のがあれば)スープ ●大人はコーヒー、子どもは 100%オレンジジュース
Copyright (C) 2004-2005 節約生活レポート , All rights reserved.